痩せるダンスはコレ!初心者でも楽しみながら痩せられるダンスダイエット3選♪

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

「リズム感がないから私にはムリ・・・」「ちょっと恥ずかしい」と敬遠することなかれ!ダンスはダイエットのためのエクササイズにとーっても向いているんです♪楽しく踊っているうちに痩せてた♡なんて喜びの声が多数☆どんなダンスを選べば良いか、ダイエット効果の高いダンス7選とそれぞれダイエットに効果的な理由をご紹介します。
 
 

ダンスがダイエットにとても効果的な理由

 
 
ダイエット中ってどんなエクササイズを取り入れるのがベストなのかしら・・・そんなお悩みを抱えている方、ダンスにチャレンジしてみませんか?ダンスは有酸素運動に加えて、全身を使う全身運動でもあります。身体を大きく伸ばしたり動かしたりすることで、少しずつ柔軟性もついてきます。ダンスをしている方は男女問わず、シュッとしたしなやかな身体を持っていますよね。
実はダンスは『脂肪を燃やす有酸素運動』『姿勢を保ちながら動くための筋肉』『柔軟性を養うストレッチ』が同時にできてしまうので、美しいプロポーションを作るための近道となるエクササイズなのです!それになにより音楽に合わせて踊るって、予想以上に楽しいですよ♪最初はなかなかうまくいかなくても大丈夫。ダンスを続けることで、リズム感も養われていきますし、振り付けもどんどん覚えるのが早くなります。上達すればこんなに楽しいエクササイズはないです♪
それでは以下にダンスがダイエットにとても効果的な理由を詳しく見ていきましょう。
有酸素運動で脂肪を燃やす
 
 
ダンスは曲に合わせて一定時間動き続けます。呼吸をしながら身体を大きく動かしたり早く動かすことの連続ですので、ジョギングやウォーキングと同じ有酸素運動になります。踊っているときは身体の動きに意識が集中しますので苦しい、疲れる・・・といった苦労は感じづらく知らず知らずのうちにカロリーを消費できます。
姿勢やポーズを保つことでしなやかな筋肉を作る
 
 
ダンスには基本となる基本姿勢というものがあり、ダンスによって姿勢のとり方も違います。腰を落とした姿勢を保ち続けるダンスや、常に背筋をピンと張って胸を開く姿勢をとるダンス、膝をかるく曲げた状態を保つ姿勢など、こういった姿勢を保ち続けることで自然と筋肉が鍛えられます。普段使わない筋肉を使うことで、背中についてしまった贅肉や太ももの内側といった箇所の脂肪も燃焼できます。
 
 
筋トレなどの無酸素運動とちがって、有酸素運動やストレッチと組み合わせながら筋肉を作りますので、ムキムキカチカチしないしなやかな筋肉が付きます。そして見ている分には何気ない動作でも、ダンスではバランスをとるために身体の内側の筋肉を使います。これにより体幹が鍛えられてインナーマッスルにも刺激を与えるので、やせやすい理想のプロポーションを作ることが可能なのです。
身体を大きく動かすことで柔軟性がUP
 
 
どんなダンスでも身体を大きく伸ばしたり開いたりする場面が多くあります。身体の固い方でもダンスを続けていくうちに徐々に柔軟性がついていきます。しなやかな身体を作る上で、筋肉や関節の柔軟性はとても大切なことです。柔軟性がつくことで身体の稼動域が大きくなりますので、基礎代謝や血行も良くなりお肌の状態も改善されていきます。バレリーナやダンサーの方ってお肌がキレイな人が多いですよね。
 
 
また、身体の柔軟性が上がると動作までもしなやかになったり、ケガをしにくくなったりといいことづくめなのです。
踊るって楽しい!ダイエット中のストレスも発散
 
 
ダイエット中は食事制限などでストレスが溜まりがちですよね。そんなストレスはダンスで発散しましょう。曲に合わせて身体を動かすことは、思いのほかとても楽しいものです。「リズム感がないから」「恥ずかしい」といった苦手意識をお持ちの方でも、最初は音楽に合わせて足でリズムをとるだけで楽しい気分になれるはずです。人前で踊ることに抵抗がある方は、DVDを利用してまずは自宅で試してみましょう。
大昔から人類は踊りでお祝いの気持ちを表したり、仲間との結束を高めたり、娯楽にして楽しんできた歴史があります。踊ると楽しいと思うのは、きっと私たちのDNAに刻まれているものなのでしょうね。身体を動かすことが楽しくなれば、ダイエットの苦も楽へと変化します♪
脳から身体への指令の伝達が早くなる!
 
 
ダンスの振り付けを覚えるとき、なかなか最初はうまくいかないかもしれません。しかし続けていくうちに徐々に身体が動くようになり、「踊れた!」という達成感を味わえるようになるはずです。最初はうまくいかなかった脳からの身体への「動かせ」という指令がうまくいくようになってくるからです。
 
images-1-1
 
ダンスを踊ることによって普段あまり使われなかった運動に関わる脳の機能が活性化されるので、頭もスッキリします。ただ歩いているだけ、走っているだけではあまり使われることがない脳の部分ですので、認知症の予防や脳の発達に大変役立つということがわかっています。頭がクリアになって交感神経と副交感神経の変換がうまくいき、自律神経が整うので生活にメリハリが生まれて、ダイエット中のメンタル面にも良い効果を及ぼします。
 
 

ダイエットに効果的!痩せるダンス3選

 

ベリーダンス

 

Studio shot of young Middle Eastern woman wearing belly dancing costume

Studio shot of young Middle Eastern woman wearing belly dancing costume


 
セクシーでオリエンタルな衣装をまとい、優雅に踊るベリーダンス。腹部や腰をくねらせるように踊る女性らしい踊りです。中東を中心に踊られており、起源については諸説あり、「豊穣祈願」や「女神信仰」、「婚礼」や「出産」などの祈りを込めて踊られたという説があります。腹部や腰を中心に動かすので、インナーマッスルが鍛えられて、お腹周りのシェイプアップに期待できます。またウエストのくびれができますので、女性らしいボディラインを目指す方におすすめです。
最近ではベリーダンスの動きを取り入れてダイエットに特化した『ベリーシェイプ』なるエクササイズが話題に。

 

社交ダンス

 

Elegant couple dancing together

Elegant couple dancing together


 
芸能人が社交ダンスにチャレンジする番組がありましたが、見てステキだなと思った方も多いのではないでしょうか。一昔前は若者が会社帰りにこぞってダンスホールに通ったそうです。
社交ダンスと一口に言っても種目は多数あり、スローでエレガントなものから、ラテンアメリカ系の激しく陽気な踊りまでじつに幅が広いです。老若男女を問わないので、生涯にわたってずっと楽しめるのも魅力のひとつですね。全身を大きく使って踊ることとで全身のシェイプアップが期待でき、さらに女性はハイヒールを履いて踊るため、足捌きや歩き方にも自信が持てるようになりそうです。
キュッと引き締まった足はカッコイイですね。
また姿勢が非常に良くなりますので、見た目がシャンとして優雅な印象の女性になれそうです。社交ダンスが踊れるというだけで、教養のある洗練された大人というイメージです。
男女ペアで踊ることが基本ですので、人との出会いやコミュニケーションを楽しみたい方にはオススメです!

 

アイドルダンス

 
 
ちょっと難易度が高いですが、あのアイドルの振り付けを踊って痩せちゃおう!という楽しい方法です。実際この方法を取り入れて-20kg達成した主婦の方もいるそうです。そのことが話題になり、真似する方が続出☆
まずはYoutubeやライブのDVDを見て、踊ってみたい曲の画像を選びましょう。たまに顔がアップになったりして振り付けがわからない部分がある映像よりも、全体を通して踊りの全容が見れるものを選びましょう!
ここで疑問なのが『画面の人が右手をあげた場合は自分はどっちの手を上げたらいいの?』というもの。初心者の方には鏡と同じように踊ってみましょう。つまり画面の中の人とは全部逆になるパターンです。最初から左右を反転させたダンスレッスン用の画像もありますので、そちらを利用するのもおすすめです。
そしてスロー再生ができればテンポを落としてゆっくり踊ってみましょう。慣れてきたら通常のスピードに戻して踊ってみます。完璧にマスターできたら達成感もひとしお☆カラオケで披露したくなっちゃいますね!
とにかく楽しみたい方、アイドル好きな方、歌って踊れるようになってみたい!という方にオススメです♪
 
 

AKB48の『恋するフォーチュンクッキー』
初心者用にわかりやすくスローなテンポに編集してあり、左右も反転になっているので練習に最適な動画です♪ますはここからチャレンジしてみましょう☆
 
 

最後に・・・

 
痩せるダンスについて、その理由とダンスのご紹介いかがでしたか?
ただの運動とは違い、やはり音に合わせて踊ることで楽しく集中してエクササイズができるのがダンスの魅力です。ダイエットにとどまらず、気に入ったダンスがあれば本格的に趣味としてレッスンに通ってみてはいかがでしょうか。
人前で踊る機会もできますし、ダンスを通じて交友関係も広がるでしょう。人に見られることで美意識が高まったり、今まで知らなかった高揚感を味わうこともできます。
興味のある方はぜひチャレンジしてみてください。

text by
園部宗德

ダンサーネーム:
生年月日:
出身地:
ダンスジャンル:
ダンス歴:

実績